RECRUIT/採用情報

お問い合わせ

02/仕事を知る

仕事を知る

先輩社員が語るTDECの仕事

ここではTDECの仕事内容を紹介します。なぜTDECに入社を決めたのか。どこに仕事の醍醐味を感じるのか。4人の先輩社員たちの仕事エピソードをご覧ください。

  • 設計
  • 機械加工
  • 仕上げ
  • 製造企画

森 高広

01/設計
街を走るクルマには、
私たちのアイデアや想いが詰まっている。
森 高広 Mori Takahiro | 設計ブロック 1999 年入社

金型造りのすべてを決定する場所。それが設計ブロックの役割です。前段階ではデザイン、製品形状、工程及び仕様の検討から始まり、プレスの成形シミュレーション、金型の三次元ソリッド設計まで、「この通りに加工すれば間違いない」と言える設計データを作っていくことが私たちの仕事です。しかし、時には計算通りに行かないのが金型造りの難しさ。トライ後、成形品に亀裂が入ってしまったり、金型の機能が満足しないケースもあったり。「どんな設計してんだ!」と怒鳴られたことも何度かあります。しかし、失敗を無駄にしないことこそが、私たち設計ブロックの真骨頂。イメージ通りに加工できないのは、イコールそこはまだ"私たちの知らない金型ノウハウがある"ということです。それを次に活かせばTDECのモノづくりはもっと進化する。さらにに言えば、現在のTDECの技術はこれまでの失敗から得たアイデアの集大成です。いつも当たり前のように走るクルマのボディには、まさに、私たちのノウハウや想いがたっぷり詰まっているのです。

PROFILE
子どもの頃から車が大好き。大学時代に教授の薦めで TDEC を知る。あらゆる自動車メーカーの中でも、独創性の強いHONDA を気に入っていたこともあり、HONDA 車のトランクやドアづくりに携われることに魅力を感じ、入社する。ホンダエンジニアリングへ出向して車づくりを学び、再び TDEC の設計を担当。

横山 健司

02/機械加工
加工機を駆使し、
コンピュータでは成し得ない切削を実現する。
横山 健司 Yokoyama Kenji | 機械ブロック 2007 年入社

鋳物と呼ばれる金属の塊を削り、金型をカタチにする。大型の加工機を駆使して0.01mmの精度で切削するのが機械ブロックの仕事です。デジタル技術の発達により、今はある程度の加工をプログラムで実現する時代。それでも、機械加工の職人技術が必要な理由は、人の目なしには加工できない部分がまだまだ存在するからです。ズレの許されない狭いスペースへ正確に穴を明けたり、入り組んだ部分に斜めから加工したり。手動でないと削れない部分は、設計が複雑になるほど増えていきます。そして、人の手が加わる仕事は職人によって大きな差が出てしまうもの。「このドリルで削っても折れないよな?」と慎重に機械を動かす僕を尻目に、躊躇せずグングン削っていく熟練の先輩たち。都度、適切な作業手順とツールを選び、次々と切削をこなす姿はまさに職人です。その域に辿り着くのはまだ先だけど「横山もう仕事終わったの!」と先輩を驚かせる存在になることが僕の目標です。

PROFILE
機械学科を卒業し、就職活動ではさまざまなメーカーの選考に参加。一般的には、設計なら設計、機械なら機械と専門事業を営む企業が多い中、TDEC は設計から加工、仕上げ、出荷に至るまで、金型のすべてのプロセスに関わる会社であることに魅力を感じ入社する。現在は大型加工機を用いた金型加工を担当。

杉谷 和哉

03/仕上げ
100%の仕上がりをエンドユーザーに届ける、
金型造りの最後の砦。
杉谷 和哉 Sugiya Kazuya | 仕上ブロック 2008 年入社

クルマの滑らかなラインを形にするのは、最終的には仕上げ職人の手仕事なんですね。コンピュータで制御した加工だけでは、ボディの微細な凹凸を整えられないのです。とはいえ、金型の調整に格闘しながら 0.01mm の精度を実現するのは、言うほど簡単じゃない。昨日は成形できたのに、翌日トライしたら亀裂が入ったケースもある。割れないように絞りを調整すると、今度はボディにシワが出たりもする。さじ加減ひとつで結果が大きく変わる。この上手く行かない感じが、思わず夢中にさせる仕上げの魅力です。誤差 0.01mm に近づくために、次は何をして調整するか。どれだけ磨けば、狙った結果が出せるのか。頭でイメージして何度も試す。だからこそ、間違いのない精度が出せた時の達成感は本当にたまらない。手掛けたクルマが発売されるのは数年先だったりするわけだけど、街で見つけて「あの時は大変だったなぁ」なんて苦労をしみじみ味わう時が、実は一番嬉しかったりします。

PROFILE
前職は自動車のキズやへこみを直す板金修理屋に勤務。当時、TDEC に勤める友人との会話の中で「金型ってどう造るんだ?」「自分の造る金型から世界中の車が生産されるなんて絶対面白い!」と感じ、転職を決意した。現在は仕上げを担当すると共に、お客様の国内・海外工場への金型の組付けも手掛ける。

藤井 美沙

04/製造企画
金型のあらゆる知識を身につける。
仲間を支える存在になる。
藤井 美沙 Fujii Misa | 製造企画推進室 2011 年入社

生産を支える製造企画の中でも、業務で必要となる資材の発注手配を担当するのが購買管理です。消しゴムやボールペンなどの事務用品から始まり、金型の元となる鋳物、工具・砥石などのツール、油・ガスなどの燃料もあれば、設計・機械加工の外注作業など、全部署のあらゆるアイテムに関わります。どの部署がどんな仕事をしているのか。会社全体の動きが見えるが購買管理の特徴とも言えます。とはいえ、入社して日の浅い私は、まだ全ての発注業務に携われるわけではありません。先輩たちと同じように、取引先の方や他部署のメンバーと対等に話せるようにもなりたい。私の尊敬する上司は、担当者の思いがけない発注漏れをカバーしたり、「もっとこうしたら安いんじゃない?」という提案もする。それはやっぱり、本当にその部品や作業を知らなければできないと思うんです。「購買は藤井に任せれば間違いない」。早くそう言われるように、これからも頑張りたいですね。

PROFILE
元から「ものづくり」が好きで、大学の時の研究で『車』に触れ、車関係の製造業に就職したいと考えていた。そんな時、小さい頃に遊びに行っていた祭りの主催企業が車関係だと思い出し、TDECの説明会に参加。説明会時の工場見学で、最後の仕上げは『人の手』という所に引かれ、入社を決める。